ENEOS電力事業、これまでの実績

2003年に電力事業に参入していたJXエネルギー

まずは実績を調べる前にENEOSでんきの特長をご紹介していきます。

「ENEOSでんき」の電源構成で最も比率が高いのはLNG火力(高効率天然ガス)です。
次に石油火力発電、他にもバイオマスなどを利用して発電をしています。
ENEOSでんきは、自社発電を中心としたバランスの良い組み合わせで電力の安定供給を行っています。

ENEOSでんきが供給する電力で、最も比率の高い高効率天然ガス(LNG)発電。
どのような特徴があるのでしょうか。

・川崎天然ガス発電所の特長

川崎天然ガス発電所は高効率天然ガス(LNG)発電を行っています。
地球温暖化や大気汚染の原因とされているCO2・NOxの排出量が少なく、酸性雨の原因とされる
SOxを発生させない発電方法です。

今後、川崎天然ガス発電所は約110万kWの発電設備の増設を予定しています。
そして2021年の運転開始に向けて、本格的な検討を開始しております。

・実績

それではENEOSの電力事業実績をご紹介していきます。
JXエネルギーは、2003年に電力事業に参入していました。
電力自由化は2000年から段階的に進められていたので早期に参入していたことになりますね。
オフィスビルや学校など、そして電力会社向けにも電力を卸供給を行っています。

そして2008年、自社保有の発電施設である川崎天然ガス発電所を新設するなど発電規模を
拡大中です。
自社製油所に有する自家発電設備の運転を通じて、長年の発電に関するノウハウを蓄積してきました。

ENEOSでんきは新規参入事業者ではありますが、長年の実績と自社保有の発電施設で
安定した電力供給を皆様にお届けしていきます。

・発電施設の紹介

長年の電力実績があるJXエネルギーは北海道から九州まで、全国に発電施設を配しています。
北海道は室蘭、新潟、川崎、大分など全国各地に配備しています。
それにより安定した電力供給体制を敷くことが可能となっています。

自社保有の発電施設、これが安定的な電力を提供できる理由でもあります。
今後増加する電力需要に対応するために発電所の新設や増強を検討中です。
特に川崎天然ガス発電所についてはさらなる増設を予定しており、2021年の運転開始に向けて
増設に向けて動いています。

ENEOSでんきは環境負荷の少ないエネルギー使用を実行しています。
天然ガスを主力とし、太陽光・風力などの再生可能エネルギーの活用に積極的に取り組んでいます。

☆電気のこと、イロイロ

電力自由化ってなに? ここ数年話題になっている「電力自由化」
電力会社を契約する前に知っておこう!
発電方法、しってる? 発電には様々な方法があるのをご存じでしょうか。
知れば知るほど電気って大事なんだなと思います。
エネオスのこれまでの実績 石油でお馴染みのJXエネルギー、電力事業の実績が
しっかりあります!確かな実績は安心につながります。

☆電力会社、どう選ぶ!?

ポイントは2つ! 電力自由化により電力会社を選べるようになりました。
様々な電力会社から自分に合う電力会社をどう選ぶか、ポイントをご紹介していきます。

電気は苦手・・・そんな苦手意識を克服すると、結構電気って楽しい!と思えるようになります!

「ENEOSでんき」で電気代節約、長期利用でさらに値引き!