改正電気事業法を詳しく知ろう!

電力小売の全面自由化を実施するために改正した法律、それが改正電気事業法!

改正電気事業法によって家庭用電力小売事業が自由化となります。
まずは改正によって消費者にどのようなメリットがうまれるのか探ってみました。

☆メリットその1、電気代がより安くなる!

自由化の前、消費者は電力会社を選ぶ事なんてできませんでした。
東京電力や関西電力など特定の電力会社が独占的に電力を供給していたためです。
それにより電気代が値上げしても、値段が割高だと思っても決められた電力会社を利用し続けなければ
なりませんでした。
自由化により今後は、例えば安い食材を買うためにスーパーをはしごするように
料金の安い電力会社を選んだり、または別の電力会社に乗り換える、というようなこともできます。

また今後は、家庭用電力小売事業への参入事業者が増えることにより各社が競争することになります。
そしていずれはどの電力会社でも、電気代が現在よりも下がることに繋がると見込まれています。

☆メリットその2、自分のポリシーに合った電力小売会社を選べる

環境配慮を重視する人や原子力を否定している人など、ポリシーは人それぞれです。
自分の考えとは合わなくても契約せざるをえなかったのですが、これからは自分が持っているポリシーに
合わせて電力会社を選択することができます。

☆メリットその3、サービスによっては電気代以外でもお得になる!
ENEOSでんきの場合、 ENEOSカードで電気料金を支払うとガソリン・灯油・軽油代を
キャッシュバック!というサービスがあります。
このように電力のサービスだけでなく様々なサービスを提供してくれる企業が今後増えていく見込みです。

電気代をお得に、さらに別のこともお得に!
改正電気事業法によって私たちの生活がもっとお得になると嬉しいですね。

では最後に「改正電気事業法」とは何かを調べてみましょう。

「改正電気事業法」とは何なのか?

改正電気事業法の成立は、今までの電力システムの構図を大きく変える改革ともいわれています。
改正電気事業法の目的は3つあります。
・目的1、「電力の安定供給を確保すること」
・目的2、「電気料金を最大限抑制すること」
・目的3、「電気利用の選択肢や企業の事業機会を拡大すること」

目的は3つありますが、改革としてさらに3つの柱と呼ぶべき目的があります。
1、地域を超えた電力の供給を拡大すること
2、電力小売を全面的に電力自由化すること
3、送配電ネットワークを利用しやすくすること

この3つの柱と呼ぶべき目的を実現することにより、一般家庭だけでなく企業も含んだ電気の消費者が、
自由に電力会社を選べるようになります。

ライフスタイルに合わせて、様々な電力会社を自由に選び電気代をよりお得になれば最良ですね!

ENEOSでんき、その前に【ENEOSカード】

エネオスカードは3つ!あなたはどれ?
 
 ENEOSでんきで使用した電気料金をENEOSカードでお支払いいただくと、ガソリン・灯油・軽油が
 キャッシュバックになります!
 ※「ENEOSでんき」のご契約後でも追加登録が可能です。
 ENEOSでんきを契約する前にカードを作成しておくとスムーズですね。
 少しでもお得になるのはありがたい♪
 ENEOSカードは、ライフスタイルに併せてC・P・Sの3種類からお選びいただけます。

選べる3つのENEOSカードはライフスタイルに合わせて賢く選ぼう!
☆日々の暮らしの中で使えば使うほどガソリン代が下がる!
ENEOS CARD C(キャッシュバックタイプ)
☆給油はもちろん洗車やオイル交換などでもポイントが貯まる!
ENEOS CARD P(ポイントタイプ)
☆年一回の利用で年会費が無料に!
ENEOS CARD S(スタンダード)

電力小売全面自由化にしっかり注目し、今までの電気代をどんどん浮かせよう!

「ENEOSでんき」は今だけ早割!!申し込みはこちら